パパ活アプリで出会ったパパはド変態だったんです。 パパ活アプリで話していた時は、紳士的な態度だったんです。 犬を5匹も飼ってるって聞いて、私も犬が大好きなので盛り上がっちゃっいました。 ちなみに、デートはプレゼントをもらって、お買い物して、お食事。 パパ活アプリだとセフレ探しみたいな人も多いので、いい人で良かったって思いました。 ある日、お家に行かせてもらうと、玄関には犬たちがいっぱい集まってきました。 リビングでくつろいでいると、犬たちが執拗に私の顔や体をなめるようになってきたんです。 さすがに犬が好きとはいえ、5匹に色んな所をぺろぺろされると辛いので、私はパパに助けを求めました。 パパは笑いながら、私に 「ちゃんとプレゼントの香水つけてくれたんだね」 食事するだけでお金をもらう と言ってきました。 その時の笑みがすごく不思議で私は背筋がぞくりとしたのを覚えています。 その後も犬たちは私の足や腕をペロペロと舐めてきました。 犬が私をなめる度にぞくぞくするようになってしまって、身体が熱くなってきました。 そんな私の様子を見て、パパは体調が悪いなら少し横になった方がいいと、寝室に案内しベッドに寝かせてくれました。 横になった私の上に、いつの間に来たのか一番大きな犬がのしかかってきて、すごく腰を振っていました。 他の犬たちも私をなめたくり、私はその刺激に感じて来てしまいました。 犬の舌はどんどん洋服の中にも入ってきて、乳首をぺろぺろとされて、声まで出てしまいました。 そんな声にパパは部屋に入ってくると、「この子たちと仲良くなれたみたいだね。綺麗だよ」と言われました。 パパは私が犬になめられて喘いでいる姿を、すごく楽しそうに見ていました。 ものすごくお金をいっぱいくれたけど、ものすごくド変態なパパでした。 エプロン お見合い

パパ活アプリ

75
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

まだ記事はありません

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.